すぐにできる薄毛対策

worried man

AGAには色々な治療法や薬などがありますが、まずは食生活など自分で簡単に変えられることから改善していきましょう。大切なのは「続けること」なので、無理をしてストレスにならないようにして下さいね。

Read more

長く使い続ければ続けるほど

Doctor with glove

プロベシアは成人男性のみが服用できるAGA治療薬です。抜け毛を防ぎ、髪の毛を強くしてくれる効果がありますが、プロペシアを3年間服用し続けた人の8割近くが発毛効果を実感しているという結果も出ているので、発毛にも十分期待できる薬です。

Read more

塗るより飲む方が効果が高い

sad man

高い発毛効果が期待できると、一時期色々な育毛剤に使われていた「ミノキシジル」。実は塗るよりも直接服用した方がずっと高い効果を期待できるんです。副作用として体毛が濃くなりますが、薄毛を取るか体毛を取るかは貴方次第です。

Read more

男性の多くが悩むAGA

diagnosed patients

薄毛には頭皮の皮脂の過度な分泌により毛穴が詰まって毛が抜けてしまうタイプの「脂漏性脱毛症」や、
逆に頭皮が乾燥することによって毛が抜けてしまう「ひこう性脱毛症」、単純に栄養不足による脱毛、ストレスによる脱毛など色々な種類があります。
しかし、現代の薄毛に悩む男性の大半は「AGA」が原因だと言われています。
AGAとは「男性型脱毛症」のことで、思春期を越えた時期に髪の毛の生え際や頭頂部の髪が薄くなる脱毛のこと。
遺伝や男性ホルモンの影響が強く、成人男性によく見られる脱毛の1つです。
男性ホルモン以外にも、遺伝やストレス、食生活、夏場に浴びた紫外線が原因の場合もあります。
AGAの原因は髪の毛の成長を短くするDHTという物質が増加することによって、髪の毛がしっかり太く育つ前に抜けてしまうことになります。
抜けずに残った毛も、成長期が短かったために十分育たず細くて短い軟毛になってしまうので、
ボリュームのない薄毛になってしまうというわけなんです。
AGAは年齢を追うごとにどんどん進行していきます。
進行スピードは遅いものの、髪の毛の生え際、もしくは後頭部、最悪の場合両方から薄毛は進行します。
遺伝が原因にもなるAGAですから、家族に薄毛の人がいた場合、自分が薄毛になるのは当たり前と思ってしまいがちです。
しかし、髪の毛が完全に抜けてしまう円形脱毛症などの脱毛などと違って、
AGAは細くて短くても毛はまだ残っているので、その毛を育てることで薄毛を改善することができますよ。