塗るより飲む方が効果が高い

sad man

薄毛に悩んでいる人が「ミノキシジル」と聞くと、頭皮に直接塗るような塗り薬のイメージがあるかもしれません。
市販されている育毛剤の中にはミノキシジルが配合されているものも多く、
一時期高い発毛効果のある成分としてミノキシジルが注目されたことがありました。
その時に塗り薬を使用したことがある人の中には、期待したような効果が出ず、ミノキシジルに対して良いイメージを持っていない人もいると思います。
実はミノキシジルは頭皮からは吸収されにくいと言われているんです。
実際にミノキシジルには高い発毛効果があるんですが、頭皮に塗っただけでは吸収されるのに時間がかかり、効果が出る前に使用をやめてしまった人が多いんじゃないでしょうか。
ミノキシジルの発毛効果を感じるには、塗り薬ではなく飲み薬として摂取するのがおすすめ。
ミノキシジルは元々、高血圧の治療薬として開発された薬でしたが、副作用として多毛症が見られたため、
その副作用を逆手にとって薄毛治療薬として使用されるようになりました。
ここまで書けば既に予想はつくかもしれませんが、ミノキシジルは服用することで髪の毛以外の全身の毛が濃くなるという副作用があります。
体毛が濃くなることをどのように捉えるかは人それぞれですが、薄毛に長年悩んできたのであれば体毛が濃くなることは我慢し、
その高い発毛効果を感じてみてはいかがでしょうか。
また、元々高血圧を治療する薬として開発されているので、血圧を下げる効果があります。
そのため身体のだるさや眠気を感じる場合があります。
すでに血圧を下げるために別の薬を服用しているという人は服用を避けるようにして下さいね。